アジアパイオニアエンターテインメントが利益の警告

アジアパイオニアエンターテインメントが利益の警告

新型コロナウィルスによるパンデミックが原因で、多くの企業が厳しい状況を強いられました。特に旅行業、エンターテインメント業は大きなダメージを受けており、アジアパイオニアエンターテインメントもその例外ではありませんでした。

そんなアジアパイオニアエンターテインメントは先日2020年の利益に関して報告をしました。この記事ではその具体的な内容を紹介していきます。

アジアパイオニアエンターテインメントの決算報告

マカオを拠点としているカジノサプライヤーであるアジアパイオニアエンターテインメント(Asia Pioneer Entertainment )が2020年に約3,200万香港ドル(300万ポンド/ 350万ユーロ/4.1百万ドル)の税引前損失を記録すると見込んでいることにより、株主に対して利益の警告をしました。

予想損失は、2019年12月31日に終了した年度の税引前損失170万香港ドルと比較され、サプライヤーの収益が前年比で約82.0百万香港ドルから40.5百万香港ドルに減少したことを示しています。

サプライヤーの粗利益は、約63%減少し、年間でHK$28.6mからHK$10.5mになりました。

利益減少の理由

アジアパイオニアエンターテインメントの取締役会は、損失の増加、および収益の減少の原因として、2020年に2つのファイナンスリース契約が終了したこと、新型コロナウイルス(Covid-19)のパンデミックを理由として挙げています。

5月21日に2つのファイナンスリース契約が終了したことにより、約22.9百万香港ドルの一時的な減損費用が発生しました。

また、新型コロナウィルスの影響でランドカジノが閉鎖していたことにより、ゲーム機器の利益の減少につながっています。

電子ゲーム機器の技術販売および流通、コンサルティングおよび技術サービス、修理サービスからの収益は、それぞれ51%、42%、61%減少すると予想されています。

実際に1月に発表された結果によると、アジアパイオニアエンターテインメントだけではなく、マカオの総ギャンブル収入(GGR)は、パンデミックの結果として地域が強制閉鎖と旅行制限を行ったため、2020年には80%近く減少しました。このように1企業だけではなく、業界全体がダメージを受ける結果となったのです。

このような収益の減少は、長期的な財形に影響を与える可能性があると、取締役会は述べています。

2020年には、270万香港ドルのマイナスの純営業キャッシュフローと比較して、80万香港ドルのプラスの純営業キャッシュフローとなる予定です。

また、営業活動によるキャッシュフローの予想される増加は、売掛金のより管理に起因するとものだと報告されています。

さらに、アジアパイオニアエンターテインメントの現金および現金同等物も、約4360万香港ドルから38.2百万香港ドルへと約11%増加すると予想されています。

今後新型コロナウィルスがどのように落ち着いていくかが、2021年のアジアパイオニアエンターテインメントの経営状況に大きく影響を及ぼすことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です