日本におけるギャンブル

日本におけるギャンブル

日本におけるギャンブルは、刑法第23章で禁止されています。しかし、日本では競馬やパチンコ、モータースポーツなど、いくつかのギャンブルが認められています。

また、公営競技、宝くじ、toto(サッカープール)なども、国や地方自治体の収入を増やすため、娯楽の一つとして法律に基づいて実施されています。

そこでこの記事では、日本におけるギャンブルについて紹介します。日本でギャンブルを楽しみたいと言う方は、ぜひ以下のギャンブルを試してみましょう。

公営競技

公営競技は、合法的にギャンブルを行うことができる公営のレースのことを指します。この公営競技には競馬、競輪、モーターボート、アスファルト・スピードウェイ・オートバイの4種類があり、日本で長く楽しまれています。

これらの公営競技は特別な法律により認められており、地方自治体や政府系法人が規制しています。

これらの公営競技では、4種類ともパリミュチュエル・ベッティングを採用しているのが特徴です。これらのレースの賞金総額は、売上総額の7080%です。賭け券は、多くのサーキットや、多くの都市にあるチケットブース(場外馬券売り場)で購入することができます。

宝くじ

宝くじは、都道府県や大都市が定期的に行っているギャンブルの1つです。

宝くじには大きく分けて、「数字宝くじ」、「数字選択式宝くじ」、「スクラッチカード」の3種類があります。宝くじは1100円から500円で販売され、最高賞金は1億円以上となるのが通常です。

宝くじ法では、宝くじの賞金総額は売上総額の50%以下と定められており、残りは地方公共団体や慈善団体に寄付されています。

宝くじは多くの都市の宝くじ売り場や店舗で販売されており、当たりが出やすいと言われる人気の店舗もあります。 また、一部のATMでも選択番号式宝くじを購入することができます。

宝くじは少額で楽しむことができるため、気軽にできるギャンブルとして多くの人から人気を集めています。

パチンコ

パチンコは、ピンボールのようなスロットマシンのゲームのことを指します。日本の法律では、歴史的、金銭的、文化的な理由から、パチンコは賭博罪の例外と見なされているため、昔から楽しまれているのです。

パチンコ店は日本全国にあり、民間企業によって運営されています。1990年代には日本におけるパチンコのブームが最高潮であり、パチンコ産業は10兆円産業とも言われていました。

パチンコでは、プレイヤーの玉を入れることでスロットマシンが作動し、大当たりを獲得することで、多くの玉が報酬として与えられます。

そして、パチンコ店では、刑法に抵触することを防ぐため、金銭を受け取ることが出来ません。そのため、パチンコ店では、獲得したパチンコ玉を景品と交換します。そして、その景品はパチンコ店とは別に設置されている店舗にて、現金に交換することができるのです。このように店舗を分けることによって、法律違反にはならないようにしているのです。

パチンコはかつて人気のギャンブルでしたが、最近では若者のパチンコ離れが加速しており、年々利用者、店舗数が減ってきています。また、パチンコ店が禁煙になるなど、かつてのように自由に楽しめなくなってきているなど、多くの変化がここ数年であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です