ダイナム・カンパニー・リミテッドがパンデミックから復活

ダイナム・カンパニー・リミテッドがパンデミックから復活

長かったパンデミックが日本国内でも終わりに近づいてきており、人々の生活がもとに戻ろうとしています。そして、次々に企業も利益を回復しつつあります。

最近では、ダイナム·カンパニー·リミテッドがパンデミックからの復活を果たしています。この記事では、ダイナム·カンパニー·リミテッドの具体的な決算内容、コメントを紹介しています。

ダイナム・カンパニー・リミテッドの決算報告

2022年月25日、日本全国で2番目に大きいパチンコ店運営会社、株式会社ダイナムは、3月末までの12ヶ月間の純利益が2倍以上の3900万ドルとなり、非常に好調であることを発表ました。

Inside Asian Gamingのレポートによれば、東京に本社を置く同社は、2年間のコロナウイルスによる低迷からようやく復活しているようです。

そして、パチンコ市場での需要の増加に加え、地元の航空会社にリースしている3機の航空機からの収入の増加から利益を出しているとのことです。このように利益が増加していることにより、ようやくダイナム·カンパニー·リミテッドがパンデミックから回復していると言われています。

具体的な決算内容

ダイナム·カンパニー·リミテッドは、北は北海道から南は沖縄まで、日本の46の地域で433のパチンコホールを直接管理しており、12ヶ月間の総収入が前年同期比6.6%増の約82730万ドル、それに伴いパチンコの総入金が6.7%増で約399000万ドルになったことを明らかにしたと報道されました。同社はまた、この業績により、遊技機オペレーション事業の経費が大幅に削減され、純利益は111.5%増の約3930万ドルに達したと説明しています。

ダイナム・カンパニー・リミテッドの発表内容

今回の決算報告にあたって、ダイナム·カンパニー·リミテッドは以下のようにコメントしています。

「前年度の4月、5月に発生した業界全体のホール閉鎖がなく、通期で営業することができました。今期のパチンコ事業の収益は、前年度より増収を確保したものの、コロナウイルス感染拡大前の20203月期の水準には至りませんでした。」

また、ダイナム·カンパニー·リミテッドは今回利益が増加したにもかかわらず、年間財務が完全にパンデミック前のレベルに戻るにはまだ時間がかかることを投資家に説明したとされています。また、同事業者は、2024年末までに2020年レベルの売上と利益を確保することはできないと考えていると宣言しているとのことです。

具体的には以下のようにコメントしています。

「新型コロナウイルスによる感染症が引き続き拡大する懸念があるため、今後の事業環境は楽観視できない。このような状況の中、当社がパチンコホールを運営している全ての地域において、新型コロナウイルスによる悪影響が残っており、これを考慮すると、パチンコ事業の売上高は数年かけて20203月期と同様の水準に戻ると考えております。」

今回の決済内容は非常に良かったものですが、ダイナム·カンパニー·リミテッドとしてはまだまだ厳しい時間が続くと考えているようです。今後、ダイナム·カンパニー·リミテッドが利益を維持することができるか、今後も注目していきたいところです。

また、今回のダイナム·カンパニー·リミテッドのように、今後パンデミックから回復していく企業が増えることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です