未来のギャンブル業界における支払いについて

未来のギャンブル業界における支払いについて

先日、ドイツのオンライン決済サービスであるワイヤーカードが破綻したことが報じされました。ワイヤーカードは便利な決済サービスとして多くの人に使用されていたため、これにより影響を受けている人、産業は少なくないはずです。

そして今、ワイヤーカードに代わる代わる決済サービスとして、どのような決済サービスが登場するかが注目されています。

ワイヤーカードの破綻による影響

ワイヤーカードの破綻は、フィンテック、eコマース、ゲーム業界などいろいろな産業に影響を及ぼすことでしょう。ワイヤーカードが破綻してからまだ日数が少ない現在、その影響はまだまだ始まりに過ぎないといえます。

ゲーム業界でも決済手段としてワイヤーカードが多く使用されていたため、もちろんオンラインカジノを含むゲーム関連会社はワイヤーカードの破綻により影響を受けます。

今後の決済手段とは?何が求められるのか

ワイヤーカードが破産してしまった現在、ゲーミング業界、ユーザーはそれに代わる新たな決済手段を見つけなければいけません。

現在、日本でも数々の電子決済サービスがありますが、今後それらがワイヤーカードのように破綻しないとは言いきれません。また、日本の規制により、それらのサービスが急に使用できなくなるリスクがあります。実際に、ネッテラーは日本の規制により市場から撤退しなければいけなくなりまし。

このような状況を踏まえると、次の決済手段としては仮想通貨のような暗号資産がいいとされています。

2020年現在、多くのオンラインカジノやブックメーカーが支払い手段として仮想通貨に対応しており、今後需要は増えていくことが予想されています。

今後新しく暗号資産が開発されるのであれば、以下のような点が求められるでしょう。

まず暗号資産がより浸透するためには、複数のエンドポイントを統合するシームレスeウォレットを用意する必要があります。

このウォレットは多くの地域をサポートする必要があり、それぞれの地域の銀行や法律にも適用する必要があります。つまり、よりウォレットを浸透させるには、マーケティングが重要となるのです。

次に、次なる決済手段は、流動性を高めるために、現地通貨との互換性もなくてはいけません。また、どの地域においてもユーザーがすぐにウォレットの内容を確認できる環境を整えなければいけません。もちろん売買も簡単にできる必要があります。

最後に一番大切なことがその安全性です。地域に関係なく安全に利用するためには、どのようにアカウントを管理するかしっかりと考えなければいけません。例えば、銀行が利用しているIBANのようなシステムをウォレットにも導入する必要があります。

ワイヤーカードに代わる新しいサービスを生み出すことは簡単ではありません。しかし、ギャンブル業界で使用できる利便性、安全性に優れた決済サービスが誕生しなければいけません。

これからどのようなサービスがギャンブル業界の主流となって来るのか注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事

カテゴリー

タグ